2011年01月23日

ルアー要素 4

ルアーのリップに関してですが、リップの幅・長さ・角度に
よってルアーのアクションや潜航深度に違いが出てくるので
リップの形状を決めるのは、少々難しい作業ですが、リップの
幅を広くすれば水の抵抗が増し低速でアクションし易くなりますが
、高速ではバランスを崩しやすくなり、リップの幅を狭くすれば
その逆になります。
リップの角度に関しては、角度が鋭角であれば深く潜り、角度が
鈍くなるにつれて潜らなくなります。

試作品を作る場合は、数種類のリップを作ってボディーにリップを
嵌めこむ溝を掘ったら瞬間接着剤で防水加工した後にスイミング
テストすれば失敗は少なくなると思います。







オークションにハンドメイドルアー出品中です。宜しかったら見て下さい。
ヤマメカラー 
鮎カラー
オイカワカラー

posted by 雅流 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーの要素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。